TEAM

​正式名称

横河武蔵野アトラスターズ

英語標記

Yokogawa Musashino Atlastars

At last

最後(at last)に勝ち残るのはYOKOGAWAでありたいという思いを込めています 。

名前の由来

「Atlastars」は「Atlas」と「Stars」からなる造語です

Atlas

「Atlas」は、ギリシャ神話に登場する天を支える巨人です。産業界を縁の下で支えるYOKOGAWAを象徴します。

stars

才能にあふれる豊かな選手の集団を意味します。

​チームの歴史

終戦直後の1946年にラグビー部の創部を迎えた。

 

1955年、創部10年目で念願の全国大会出場を果たす。60年代、70年代には青井達也、平島正登、 笹田学、植山信幸ら日本代表選手も輩出した。同時期には全国社会人ラグビー大会の常連としてライバルチームと凌ぎを削った。

1988年には当時のトップリーグにあたる東日本社会人リーグが発足、横河電機は初年度からリーグ所属チームとして活躍した。その後、1990年に関東社会人リーグ1部へ降格するが、2003年にトップリーグが発足すると、その下部リーグ・トップイースト10で毎年順調に順位を上げた。

 

2006年にラグビー部を「フラッグシップスポーツ」と定めると、翌2007年にトップイースト10で全勝優勝。続くトップチャレンジ1でも勝利し、初のトップリーグ昇格を決めた。

その後、チーム名称を横河武蔵野アトラスターズに決定。2008年、新たなチャレンジの舞台・トップリーグに参戦。残念ながら、1勝12敗の成績でトップイーストへの降格を余儀なくされるが、2009年、再びトップリーグを目指して再スタート。

 

入替戦に進出するがあと一歩で昇格を逃す。2010年から部員全員が社員選手となる新体制で臨み、トップリーグ復帰を目指す。

​チームの戦績

全国社会人ラグビーフットボール選手権大会に全55回中13回出場(うち4強入り3度)

​チームの沿革