流れ引き戻せず敗れる

トップイースト第3節が9月23日にヤクルト戸田グラウンドで行われた。横河武蔵野アトラスターズにとっては今季初のアウェイでの試合。相手はオープン戦で敗れているヤクルトレビンズ。

前半10分、敵陣マイボールラインアウトからフェイズを重ね、バックスが展開し松下選手からボールを受けた西選手がトライを挙げ先制。

攻められはするもののしっかりとディフェンスで守っていたアトラスターズ。13分にシンビンで認定トライを取られ同点。その後、32分にはハーフウエイ付近からPGを決められ逆転。まだこの時点では均衡は守られていたものの前半終了間際に自陣ゴールライン付近で再びシンビンを受け、ゴール前ラインアウトからモールを押し込まれ前半を7対17で折り返した。このトライを挙げた時のレビンズはまるで試合に勝ったかのような盛り上がり方でより勢いがついたように感じた。

後半引き続き一時退場で一人少ない中、後半4分勢いづくレビンズは追加点を奪い8分にもトライ、28分にはPGを決められ完全に流れはレビンズ側に傾いた。その直後の29分にフェイズを重ね那須選手がトライを奪うも傾いた流れは引き戻せず34分、37分、45分とトライを奪われ14対53で試合に敗れた。

試合数が少ない中での1敗は今後に大きく響く。だが、まだ可能性は消えたわけではなく、一週空く間に改めて立て戻し快進撃をしていくことを願ってやまない。

東森選手

---今までと違いは
そこが原因が分かりませんけれど、アップからリアクションが薄く感じました。試合に直結しているか解らないですが、細かいところで、悪い意味で余裕をもって取り組んだのでしまったかなっていうのは多少感じました。
---前半から厳しい展開を感じました
例えば今の練習はシーズンに入ったのでそこまで厳しい、激しい練習はしていません。シーズン前メニューで仕上がっていると思ってしまっているのかなと。コンタクトの弱さを感じましたけれど、今までの2戦で上手くいっていたから今回も同じように挑んでしまいましたが、今回は同じでは通用しなかったと思います。相手が変わってきても変わらないようにやっていかないといけないと思います。
---この試合の中で、東森選手は最後まで強い気持ちで向かって行っていた印象がありました
自分自身は怪我や業務で参加できずにいてチームに迷惑を掛けていたので。出させてもらっている今は、やらなきゃなという思いがありました。それが強すぎてペナルティに繋がってしまったりもあったので、そこはどうコントロールするか。プレーは熱く、頭では冷静にいきたい。チームの流れを変えられる存在になれるように、気持ちの張り方でチームに貢献していきたいと思っています。

 

松下主将

---予想外の負け方でした
チームが劣っているとは思わないです。うちのやり方を変えれば別に点差は開かなかったかなというのはあります。そこの原因は帰って確認します。
---去年は劣勢でもみんな常に前を向いていましたが、最後の方で久しぶりに頭が下がっているように感じました
ピンチのときにリカバリーする力がうちは弱かったということかもしれません。
---これからの6戦目に向けて、いい気付き、締めなおしに
今気付いたら遅いです。どう活かすかは自分たち次第です。あとはやりきるだけですね。まだ何が起きるか解らないので。

撮影・取材・編集/出本剛士(gra-d)

試合記録/鈴木雅博(横河武蔵野アトラスターズ)

コメント起こし/柳澤怜実(横河武蔵野アトラスターズ)

オフィシャルパートナー

横河電機株式会社

横河計測株式会社

​横河商事株式会社

横河ソリューションサービス株式会社

横河パイオニックス株式会社

横河マニュファクチャリング株

横河レンタ・リース株式会社

イービストレード株式会社

オフィシャルスポンサー

株式会社プロネクサス

株式会社クロスフィールド

株式会社リベスト

​エヌケイエス株式会社

株式会社大山製作所

竹内運輸工業株式会社

株式会社メルコーポレーション

株式会社ジェイコム東京 武蔵野・三鷹局

hinmaru.png

横河東亜工業株式会社

本州自動車株式会社

日の丸交通株式会社

協同組合武蔵野給食センター

株式会社エヌ・エイ・シー

大塚製薬株式会社 東京支店

株式会社イーウェル

有限会社オフィスアーク

bunshin.png

株式会社舞工房

株式会社

ジャパンビバレッジイースト

有限会社ケイ・エステイト

株式会社文伸

youiengi.png
_トスク東京.png
図6.png

株式会社ユー・アイ・エンジ

​株式会社 トスク東京

​とらい商店街 観光大使 阿多 和弘

京西テクノス株式会社

図6.png

​株式会社関東東急ホテルズ

オフィシャルサプライヤー

株式会社WRS JAPAN

野村不動産ライフ&スポーツ株式会社

〒180-0006 東京都武蔵野市中町2-11-13 三鷹ビル3階

一般社団法人 横河武蔵野スポーツクラブ
【お問い合わせ先】

E-Mail:yokogawa-rugby-info@cs.jp.yokogawa.com

Tel:0422-51-7751(平日10:00~17:00 ※土日祝日休み)

Copyright ©YOKOGAWA 2016