ミスがありながらもしっかり守り抜き開幕3連勝

台風の中での前節とは打って変わって秋晴れに恵まれた中、横河電機グラウンドにTOSENクリーンファイターズを迎え行われたトップイースト第3節。

13時のキックオフ直後の開始3分。敵陣10mからディフェンスライン裏へのパントキックをクリーンファイターズがファンブルし、それを拾い上げた佐藤慎之介選手がそのまま走り込みトライを奪い先制。
これで勢いに乗る展開になるかと思われたが、ミスから守勢に回るもののライン際で守り続けていた前半25分。自陣10mからカウンターアタックで敵陣までボールを運んだ後、密集サイドを松下選手が攻め込み最後は久保選手にに繋ぎトライ。
前半38分にトライを奪われた後の41分。敵陣22mからフォワードで密集付近に攻め込みバックスで展開。松下選手が相手ディフェンスをかわしトライをあげ前半を29対5で終えた。

アトラスターズボールで始まった後半5分。敵陣ゴール前、フォワードで再三攻め込み最後は高田選手がトライ。後半26分には敵陣ゴール前の密集でレオ選手からボールを受けた久保選手が抜け出しトライを奪った。
後半32分、同じく敵陣ゴール前でラックサイドをフォワードで攻め込み渡邊選手が強引に押し込みトライ。ロスタイムに入った42分。自陣10mでターンオーバーし、レオ選手、田沼選手と繋ぎ最後は佐藤慎之介選手が相手ディフェンスをかわしトライを奪い47対5でアトラスターズが勝利し、これでトップイースト開幕から3連勝。
まだ早いがトップチャレンジ昇格が目標のアトラスターズにとって一戦も落とせない試合が続く。第3節まで終えて上位と下位がはっきり分かれ始め、これからのシーズン中盤に向けよりシビアな戦いが続く。

シーズン前、怪我が続き本人も焦っていると口にしていた田沼選手。
田沼選手 体は大丈夫って言えば大丈夫ですけれどまだ怖いです。試合勘っていう部分では問題なかったですけれど体力的にはきつかったです。これからの試合の中で付けていくしかないです。
抜かれなかったっていう意味では良かったですけれど、アタックで個々で行けてしまう分、逆にそれで噛み合わない部分があったように思います。一人一人が行きすぎず普段の練習通りにできれば問題ないと思います。来週以降また頑張ります。

この試合で初キャップとなった新人の正井選手。このコメントをもらう時も高田選手から祝福され嬉しそうな笑顔で応えていた。
正井選手 メンバーに選ばれて本当に嬉しかったですし、そもそもラグビーが好きだからこそやっているのですけれど、やるべきことは沢山あるんですけれど、何より今日はラグビーを楽しもうと思って試合に入りました。勿論、出来たこと出来なかったいろいろありましたが、出来たことが多くて楽しめました。長いシーズンでプレイの安定もそうですけれど怪我しないように気をつけていきたいです。

シーズン前までリハビリを続けて、今季初先発だった久保選手。決して寡黙というわけではないが大人しい印象が強く、普段は写真を撮られることを恥ずかしがり、率先して主張することはあまりない。この試合の中で自らも2トライをあげるなど積極的なプレイが印象に残った。
久保選手 素直にトライを取れたことは嬉しかったですし、試合に勝てたことは嬉しかったですけれど内容が伴えばもっと嬉しかったかなと思います。相手チームへのイメージで余裕を持ちすぎていて、しかも受けに回ることが多かったので内容的には良くなかったと思います。
スクラムハーフの中ではディフェンス面では自分が強いと思っています。先発からを狙ってもいきますが、チームの戦術に合わせて途中からであっても何であってもチームに貢献していけたらと思っています。

この日もトライをあげ、ここまでの試合でチーム内ではトップのトライをあげている松下主将にこのゲームを振り返ってもらった。
---守勢に回ることが多かったイメージでしたが
松下主将 ディフェンスが多かったっていうより、アタックでいいところまでいったと思うのですけれど、ここっていうところでミスが多かったので流れに乗り切れなかったです。
相手のディフェンスにインパクトプレイヤーもいましたし、こっちもアンストラクチャの場面になると不利になりましたし、自分たちで自滅してしまった、精度が低かったなって思います。
---次戦のヤクルト戦は
松下主将 今シーズンのこれまでの相手よりは間違いなく強いチームですし、フォワードもしっかりしていて、外国人選手もいますし、この一週間でしっかり準備して次に向かいたいと思います。
今日みたいなプレイしてると確実に負けるので、スキルが足りないというよりしっかりとしたマインドの準備がこの二週間で出来なかったことが問題だったので、その部分を反省しないとって思います。
---今日もトライをあげましたが
松下主将 トライは前まで運んでくれた人達がいるからこそで、最後勿体ないノックオンを自分がしたりもしているので、取れるところはしっかり責任を持ってチームに貢献したと思っているので、その結果かなって思います。
---同期4人が先発っていうのは初めてでしたが
松下主将 やっぱり若い選手でチームを押し上げていきたいですし、6人いるので全員で出られたらとも思いますし頑張りますし、若い選手でチームの雰囲気をよくしていけたらって思います。

<撮影・取材/出本剛士>

オフィシャルパートナー

横河電機株式会社

横河計測株式会社

​横河商事株式会社

横河ソリューションサービス株式会社

横河パイオニックス株式会社

横河マニュファクチャリング株

横河レンタ・リース株式会社

イービストレード株式会社

オフィシャルスポンサー

株式会社プロネクサス

株式会社クロスフィールド

株式会社リベスト

​エヌケイエス株式会社

株式会社大山製作所

竹内運輸工業株式会社

株式会社メルコーポレーション

株式会社ジェイコム東京 武蔵野・三鷹局

hinmaru.png

横河東亜工業株式会社

本州自動車株式会社

日の丸交通株式会社

協同組合武蔵野給食センター

株式会社エヌ・エイ・シー

大塚製薬株式会社 東京支店

株式会社イーウェル

有限会社オフィスアーク

bunshin.png

株式会社舞工房

株式会社

ジャパンビバレッジイースト

有限会社ケイ・エステイト

株式会社文伸

youiengi.png
_トスク東京.png
図6.png

株式会社ユー・アイ・エンジ

​株式会社 トスク東京

​とらい商店街 観光大使 阿多 和弘

京西テクノス株式会社

図6.png

​株式会社関東東急ホテルズ

オフィシャルサプライヤー

株式会社WRS JAPAN

野村不動産ライフ&スポーツ株式会社

〒180-0006 東京都武蔵野市中町2-11-13 三鷹ビル3階

一般社団法人 横河武蔵野スポーツクラブ
【お問い合わせ先】

E-Mail:yokogawa-rugby-info@cs.jp.yokogawa.com

Tel:0422-51-7751(平日10:00~17:00 ※土日祝日休み)

Copyright ©YOKOGAWA 2016