DEM_1277
DEM_1280
DEM_1283
DEM_1285
DEM_1287
DEM_1298
DEM_1310
DEM_1331
DEM_1334
DEM_1406
DEM_1411
DEM_1431
DEM_1439
DEM_1448
DEM_1479
DEM_1540
DEM_1567
DEM_1591
DEM_1641
DEM_1681
DEM_1785
DEM_1838
DEM_1884
DEM_1888
DEM_1899
DEM_1909
DEM_1921
DEM_2007
DEM_2049
DEM_2098
DEM_2106
DEM_2110
DEM_2150
DEM_2187
DEM_2208
DEM_2245
DEM_2251

チーム全体練習開始

これまでアンダー30のメンバーによって行われてきたチーム練習。キックオフミーティングは後日ながらも3日より全員参加による全体練習が開始された。

これまでのチーム練習は例年に比べ密度も濃く、よりハードな練習を重ねてきたアトラスターズ。ベテラン勢は「あれにいきなり入るのはきつい」とも「出来上がりつつある中に途中から加わるのは、意外と難しい」と語っていながらも練習に入っていけば、そこはこれまでの経験とチーム内での繋がりがあり違和感は見ている側には感じなかった。

フォワードとバックスに別れた練習では、積極的にアドバイスを送るなどベテランとしての存在感を見せていた。また若手からベテランまで含めて各選手が指摘をし合いチーム内で活性されている。

朝7時から2時間の練習を終えた後、畔上氏によるメンタルトレーニングも行われ、昨年に比べると選手たちが活発に思いを口にし意見を交わしていた。

ハードな練習を繰り返すことで、疲れは相当あるはずの中でもそれを口にする選手はなく、寧ろその練習を楽しみ充実している様子が各選手から伺えた全体練習の始まりであった。

<撮影・取材/出本剛士>