2017年春合宿(後半)

ゴールデンウィーク中の4月29日から5月3日まで本拠地である横河電機グラウンドで行われた春合宿。中日となる3日目はグラウンドの関係もあり午後の部のみ。この日も練習開始直前に雨が降り出すもすぐに止んだ。天候だけはどうすることもできなく、去年の公式戦では雨が降る日が多かった印象。夏合宿の時、試合なら流石に中止になると言われたくらい濃い霧に覆われても練習をしていたが、ラグビーの試合はどういう状況であれ基本的には行われる。そういう中であっても選手達は、午前の部がなかったとはいえ、前日にあれだけハードな練習があったにも関わらず疲れも見せずにアトラスターズの特徴とも言える明るい雰囲気の中練習が行われた。この日は、フィットネスの後にタックルの練習があり、そのフォワードはラインアウトからのモールの練習、バックスは二手に分かれ試合形式の練習を行った。


4日目早朝は、再び田牧コーチにより選抜されたメンバーを中心にフィットネスがあり、高田選手の明るい掛け声と共に行われた。このフィットネス、見ているだけでも筋肉痛になりそうに見えるが渡邊選手は「本当にきついですよ、一緒にやりましょう!写真にもそれが出るようになります」とお誘いを受けた。この写真にというのは自分の中でも感じる部分であり、今合宿中も坂尾コーチ、伊東選手、古澤選手のご協力頂きフロントローの姿勢の取り方の練習を体験させてもらったり、「お腹凹ませましょう」と笑顔で言ってくれた長尾選手のご協力頂き選手とは比較にならないレベルでウエイトをやらせてもらったりしたが、ラグビー経験がない自分にとっては、その一つひとつが勉強になり、チームの邪魔にならない範囲で体験させて頂き、それを今後に活かし一番間近で見させてもらっているものとして、表現していきたいと思っている。

この日はこれとは別に青木選手が藤山コーチと共にコンバージョンの練習を行っていた。この合宿中、各所で同期の松下主将と共に輪の中心となっていたのが印象に残っている青木選手。

「今年、ライバルというかスタンドオフが多くなって、今はまだ誰というのはないと思うので、アピールではないですけれどスタンドオフは司令塔でもあるし、何も考えを持っていないと誰も付いてきてくれないと思うし、自分の考えとかは発信していかないとって思っています」と語った。この合宿中もあったが同期対決でお互いに負けん気むき出しで、証拠写真を!と呼ばれ練習の中でもしのぎを削り、普段から仲がいい松下主将については「同期がキャプテンとなって、今までは(先輩だったので)離れた存在でしたけれど、チームの中心になっている人間の話を聞く機会が増えたのは利点でもあると思うし、お互い考えている部分が似ているところもあるし、違うところは擦り合わせることできるのでいいと思います」とも語り、去年のオープン戦には出場したものの公式戦には出場できず悔しさを爆発していたが「今季、スタンドオフの人が増えて、人によって他のポジションもできる人もいますけれど、僕はスタンドオフでしかないので、他の人より足りなければ試合にも出られないと思っていますし、去年は(職場が)離れてていたと思っていましたが、言い訳でしかないので、まずは試合に出たいという欲が強くあるので、変な馴れ合いにならず、いい意味でライバル関係になれればと思っています。僕の中では全員横一線だと思っているし、負けているとも思っていないですし、去年は新人の勢いだけでやってきましたけれど、今季は爆発したいですし、レベルをもっと上げて他の人と差をつけたいです」と強い気持ちを語ってくれた。

連日行われる戦術の確認と練習が午前の部で行われたが、午後の部では再び試合形式での練習があった。この日も更に激しく熱くが続き、連日誰かしらが怪我をする、見ているこちらは、その度にドキリとするが選手達は歩けるなら怪我のうちに入らないと笑顔で語り近間選手は「ラグビーをやっている以上、怪我は付き物で全員どこかしら痛めている。怪我するたびに色々言っていたら試合になんか出られないです」と笑顔を交え語ってくれた。そういう中であるからこそ、ラグビーを経験してきている人たちの絆の太さにも通じるとも感じた。

最終日の午前の部ではベンチプレスとバーベルスクワットの回数測定が行われ、その後ミーティングがあり再びメンタルトレーニングの講義が行われた。初日に作った目標に対しどこまでの確認ができたか、今後どうありたいかの話を一人ひとりリレー形式で話をした。新人選手など若い選手は先輩に対し「抜かして試合に出たい」と熱い意気込みを語ったが、その中でも佐藤琢磨選手は西選手を名指しで抜かしたいと言い、それに対し西選手も余裕を持ちながら受けていた。西選手は「いいと思いますし、どんどん言うべき。多分、普段から遅い遅いと言っていたからかもしれません」とチームの活性化に繋がることを口にしていた。その西選手を始め、笠原選手や佐藤慎之介選手などベテランと言われる選手たち数人が、「今季最後」と口にしていたが、佐藤選手は「必ずしもそうと決めているわけではないですけれど、同期とか同じくらいの世代はみんな常に考えていると思います」と語り、ミーティングの中ではそれぞれに若い選手たちに伝えたい思いと、目標に掲げた日本一にどう導き、何ができるかを語っていた。講義最後には選手を始めスタッフ全員で円陣を組み試合前と同じ掛け声で終えた。

午後の部ではこれまでのハードワークで疲れもピークの中、それを感じさせない表情で最後の最後まで激しい練習が行われた。今合宿について今季からヴァイスキャプテンになった福岡選手は「怪我をしていたのであれですけれど、チームのことをこれまで以上に考えるようになりました。いろいろな人に話を聞いて、どういうプレイがいいとか、選択肢とかをフォワードを中心に伝えていきたいと思います。怪我はもう大丈夫です」と語り、松下主将も「初日のセッションで、いろいろ考えさせられる部分があったんですけれど、この合宿から年間の目標設定ができたので、全員が日本一という目標に取り組もうとなったので良かったと思います」と笑顔で充実感を漲らせ、21日から始まるオープン戦については「初戦の相手が清水建設さんで、下部から上がってきたチームではありますけれど、圧倒できるチームかとなると、そんなことはないので。この初戦というのはチームにとっては重要な位置付けになると思いますし、チームもその認識はできていると思います。できていない面があったとしたらしっかりと意識付けをしていきたいと思っています」とチームに対しての信頼感を語ってくれた。松下主将には合宿前にインタビューを行ったので、そちらも見て頂ければと思う。

松村ヘッドコーチは「春からやってきている戦術面でブラッシュアップさせましょうということでしたが、上手くできたかなと思っています。(オープン戦に向けては)まだゲームフィットネスとか足りな面もあるので、そこは上げていきたいと思っています。あとはみんなが完全に動きに慣れているわけではないので、そこは精度を上げていきたいです」と締めくくった。

間もなく始まるオープン戦を始め、今季の目標としてトップチャレンジリーグ昇格を掲げた横河武蔵野アトアスターズ。厳しく激しく試合を戦い抜きその目標が達成することを願っている。頑張れ横河武蔵野アトラスターズ!

<撮影・取材/出本剛士>

オフィシャルパートナー

横河電機株式会社

横河計測株式会社

​横河商事株式会社

横河ソリューションサービス株式会社

横河パイオニックス株式会社

横河マニュファクチャリング株

横河レンタ・リース株式会社

イービストレード株式会社

オフィシャルスポンサー

株式会社プロネクサス

株式会社クロスフィールド

株式会社リベスト

​エヌケイエス株式会社

株式会社大山製作所

竹内運輸工業株式会社

株式会社メルコーポレーション

株式会社ジェイコム東京 武蔵野・三鷹局

hinmaru.png

横河東亜工業株式会社

本州自動車株式会社

日の丸交通株式会社

協同組合武蔵野給食センター

株式会社エヌ・エイ・シー

大塚製薬株式会社 東京支店

株式会社イーウェル

有限会社オフィスアーク

bunshin.png

株式会社舞工房

株式会社

ジャパンビバレッジイースト

有限会社ケイ・エステイト

株式会社文伸

youiengi.png
_トスク東京.png
図6.png

株式会社ユー・アイ・エンジ

​株式会社 トスク東京

​とらい商店街 観光大使 阿多 和弘

京西テクノス株式会社

図6.png

​株式会社関東東急ホテルズ

オフィシャルサプライヤー

株式会社WRS JAPAN

野村不動産ライフ&スポーツ株式会社

〒180-0006 東京都武蔵野市中町2-11-13 三鷹ビル3階

一般社団法人 横河武蔵野スポーツクラブ
【お問い合わせ先】

E-Mail:yokogawa-rugby-info@cs.jp.yokogawa.com

Tel:0422-51-7751(平日10:00~17:00 ※土日祝日休み)

Copyright ©YOKOGAWA 2016