n_n_03_01
n_n_03_02
n_n_03_03
n_n_03_04
n_n_03_05
n_n_03_06
n_n_03_07
n_n_03_08
n_n_03_09
n_n_03_10
n_n_03_11
n_n_03_12
n_n_03_13
n_n_03_14
n_n_03_15
n_n_03_16
n_n_03_17
n_n_03_18
n_n_03_19
n_n_03_20
n_n_03_21
n_n_03_22
n_n_03_23
n_n_03_24

春合宿2日目、より密度が増す練習

合宿2日目、全体のフィットネスからフォワード陣のエクストラ。6時からだけに軽めにかと思いきや、質の高い練習で選手にとってはかなりきつそうに見えた。川嶋選手は「1時間早く起きて体が起きるように準備したけれど、それでもきつい」と。
 

朝食を挟みミーティング。前日の練習のビデオで問題点を挙げ今日の練習テーマとして、グラウンドに移動して練習開始。
 

タックルの練習の後、改めて戦略説明。パス回しやラインアウトの練習など体を徐々に動かした後、戦略的練習に入る。所用のため帰京する山崎部長から話もあった。その後、キック練習がありキャッチする側がいるところへほぼ狂いなく飛ばすボール。

西選手、長尾選手に聞くと「4、5年前から今の蹴り方が主流になって、それ自体は、真っ直ぐに飛ぶように蹴りさえすればコントロールすること自体は難しいことではない」実際に綺麗な回転と共に真っ直ぐに蹴りだされるボールを見るのだけでも非常に
価値があるように思えた。
 

パス一つにしても、想像しているよりスピードがある。生で見るからこそ感じられるものであり、試合観戦の際にはゲームだけでなくそういった部分にも注目をするとより面白さが増すように思う。奥が深いスポーツと言われるラグビー、見ればみるほどにハマっていく。
 

午後はチームに別れ、より実戦に近い形で戦術練習。試合さながらのハードなアタックがあり、間々ではチーム、ポジションごとに各々が思いを熱く話し合っていた。
 

夜のミーティング後、田牧コーチと指名選手は桑田コーチが筋トレと別れ、全てが終わった後、伊東選手は「本当にきつい、でも普段は仕事のことも考えながらだし、選手が揃うこともなかなかなくて、合宿だとラグビーに専念できて人もいる」と疲れの中にある充実感があるようだった。