20180602_1500
DSC00685
DSC00702
DSC00708
DSC00726
DSC00809
DSC00957
DSC01050
DSC01301
DSC01328
DSC01487
DSC01504
DSC01519
DSC01562
DSC01770
DSC01793
DSC01802
DSC01830
DSC01843
DSC01881
DSC01885
DSC01888
DSC01899
DSC01904
DSC01925
DSC01929
DSC01933
DSC01945
DSC02009
DSC02020
DSC02112
DSC02324
DSC02369
DSC02392
DSC02421
DSC02470

前半リード許し後半猛追するも敗れる

6月2日、ホームである横河電機グラウンドにヤクルトレビンズを迎えて行われた今季オープン戦第3戦。

前半、アトラスターズが攻める時間が多くありながらも攻めきれず、逆にミスから相手に攻め込まれ守りきれず、4分、12分、38分とトライを奪われ0対21で試合を折り返した。

 

後半に入り先ににトライを奪われ0対26となった後の9分、ゴール前スクラムで後半から入った久保選手から、同じく後半から入った大森選手にわたりそのままボールを持ち込みポイントを作り、サポートに入った後半途中から出場した杉原選手がそのままピック&ゴーでチームの勢いをつけるトライを奪った。その後ルーキー初先発の村上選手が今バーションをしっかり成功させた。
19分に再びトライを奪われた後の22分、相手のショートパントを後半からフルバックに入った今シーズン絶好調な青木選手が自陣10m付近でキャッチし、そこからカウンターアタック。 大きくゲインした後、サポートに入った後半途中出場の西橋選手にキックパスし、そのまま拾い上げてトライを決めた。
25分、敵陣10m付近でのラインアウトから展開し、西橋選手から高橋選手へ繋ぎポイントを作り、後半途中出場の高島選手から内側に走り込んできた栗林選手へ繋ぎ大きくゲイン。そのラックから素早い球出しで大森選手がラインブレイクし、乗りに乗っている大髙選手に繋ぎトライを奪い、30分の敵陣ゴール前スクラムから大髙選手がボールを持ち込みポイントを作り、そこに栗林選手が走り込みさらにポイント。そこから久保選手がパスダミーで抜け出しトライを奪い28対31とし逆転への期待が高まった。
しかし39分、連続攻撃から最後は近場をピック&ゴーで抜け出されトライを奪われた。直後の40分に相手の攻撃をセンターに入っていた高橋選手、大森選手で止め、そのポイントで圧力をかけてペナルティ獲得。久保選手が速攻を仕掛け、後半途中出場の高田選手が反応し大きくゲイン。そこから久保選手、佐藤公彦選手が抜け出しトライをあげ35対28と追い上げる試合終了しこの試合を落とした。

金澤選手(ゲームキャプテン)
前半は自分がゲームキャプテンとしてやらせてもらっていたのですが、攻めきるところ、ブレイクダウンのところとかでゲームコントロールができなかった部分を個人的には一番反省しています。フォワードは特にセットプレイでミスが続いてバックスにボールを供給できなかったというのが大きかったです。ゴール前までは散々行けていたのにフォーワードがしっかり揉んで揉んで、バックスに出して、でも取りきれない。攻め疲れしてしまったのが前半の最大の反省点です。最後相手にジャッカルされてペナルティで自陣に戻されてという悪循環が続いてしまいました。前半、ミスとペナルティが続いて自分達のアタックができませんでした。
---後半は盛り返しました。
自分は5分くらいでアウトしてしまいましたが、見ていてセットプレイが安定し始めて、ブレイクダウンでのミスも少なくなって、キックも織り交ぜられて、しっかり敵陣でプレイできていたのが追い上げに繋がったかと思います。

---相手のこれまでとの違いは
特に感じていなくて、前半はこちらのミスが多かったことが問題で、後半と同じようにできていれば結果は違っていたかなって思うので、去年までとは変わったっていう印象はなかったです。

松村ヘッドコーチ
単純なミスであったり、相手のプレッシャーに対してのミスが多くなったことが一つと、あとは相手がしっかりコンタクトしてきていることに対して、ディフェンスの部分で、こちらがコンタクト負けしてしまったかなっていうのが前半では気になりました。
——-後半は立て直しました
メンバーもフレッシュになったのもあるかと思います。全体を通しては物足りないと感じてます。練習試合では負けたことのある相手でしたけれど、最後の勢いもありましたし、しっかり勝ちたかったなって思います。敗因はこちらのミスが原因なのでしっかり修正してこれからに挑んでいきたいと思います。

撮影・取材/t.Imagawa(gra-d) 編集/出本剛士(gra-d)

オフィシャルパートナー

横河電機株式会社
横河レンタ・リース株式会社
イービストレード株式会社
Show More

   横河電機株式会社            

   横河計測株式会社            

   横河商事株式会社            

   横河ソリューションサービス株式会社   

   横河パイオニックス株式会社                           

   横河マニュファクチャリング株式会社   

オフィシャルスポンサー

株式会社フロンティアインターナショナル
株式会社プロネクサス
株式会社クロスフィールド
株式会社リベスト
エヌケイエス株式会社
株式会社大山製作所
竹内運輸工業株式会社
株式会社メルコーポレーション
株式会社ジェイコム東京 武蔵野・三鷹局
横河東亜工業株式会社
本州自動車株式会社
日の丸交通株式会社
​ダイドードリンコ株式会社
株式会社エヌ・エイ・シー
大塚製薬株式会社 東京支店
株式会社イーウェル
Show More

オフィシャルサプライヤー

協同組合武蔵野給食センター
株式会社舞工房
株式会社  ジャパンビバレッジイースト
有限会社オフィスアーク
株式会社ユー・アイ・エンジ
株式会社 トスク東京
株式会社文伸
株式会社関東東急ホテルズ
アイリスオーヤマ株式会社
​とらい商店街 観光大使 阿多 和弘
有限会社ケイ・エステイト
京西テクノス株式会社
Show More
株式会社WRS JAPAN
野村不動産ライフ&スポーツ株式会社
Show More

〒180-0006 東京都武蔵野市中町2-11-13 三鷹ビル3階

一般社団法人 横河武蔵野スポーツクラブ
【お問い合わせ先】

E-Mail:yokogawa-rugby-info@cs.jp.yokogawa.com

Tel:0422-51-7751(平日10:00~17:00 ※土日祝日休み)

Copyright ©YOKOGAWA 2016